ベンチ娘/ほぷラテ

クリックで拡大。

008ベンチ娘2


どうもほぷラテです。
コミケは抽選漏れですので今回は一般参加です。

そんなわけで悲しくも原稿に追われることがなくなったので、
最近は写真にハマりまくってました。

いやぁ~~~楽しいですよ写真。
絶対ハマるからと思ってずっと買わないでいたんですが、
前の冬コミでにゃくろ氏がいいキャメラ買ってたんですよ。

そこで気づいちゃったんですけどね。
ある程度いいキャメラ持ってると堂々とコスを撮れるんですよ。

ほら、コミケのカメコたちってやたらいいキャメラ使ってるじゃないですか。
だからなんとなくスマホとかコンデジとかだと、
「撮っていいのかな?」って感じになってたんですが…。

だったら買えばいいじゃない!!

ってなったんですよね。
これまでなんで買わなかったんでしょうね。

いやもう自分でも何を言っているのか、わからなくなってきましたが、
とにかく写真楽しい状態なんです。

で。

前フリが長くなってしまいましたが、
これまで、なんとなく同人と写真は切り離してたんです。
ほぷラテさんに求められているのは、マンガや絵かなーと思いまして。

でも、ふと、自分の撮った写真の上にお絵かき乗っけるのいいんじゃない?
って思いつきまして、あっさりとカフェほぷに実写登場というわけです。

そういうわけですので、もちろん写真素材は自前です。

イラストの背景力を写真が、
人が写ってない写真をイラストが、
それぞれ補っていて双方にとっていい感じ。
今日び人物が写っている写真のうpは気を使いますしね。

コレ、結構楽しいですね。
またやるかもしれません。

下の続きを読む で写真とカメラのことばっかり話しますので、お付き合いいただける方のみどうぞ。
ところでこういうのってpixivにあげてもいいのかな?

とりあえず今日のところは、何を使っているかだけ紹介しとこうと思います。
私が使っているカメラは、

Nikon D5300  です!!

一眼レフとしては入門機ですが、十分楽しませてもらっています。

どうしてニコンを選んだの?
それはなんとなくしっかりしてそうだからだよ。
こんな感じに素人丸出しで買いましたが、
買って半年、約6000ショット撮影してみての感想としては、
この子を選んで正解だったと思っています。

あ、でもあえて言えばダブルズームキットにする必要はなかったかな。
18-55VRⅡと55-300VRのがセットになっているものを買いましたが、
55-300VRは重くてでかいのであまり持ち出す気にならなくて、
結局その後に発売された55-200VRⅡを最近買っちゃったんですよね~、値下がりしてたんで。

55-200VRⅡは望遠のくせに300gと軽いやつです。
望遠域はとりあえず焦点距離さえカバーしてくれればいいという考えなので(今のところは)、これで十分です。
軽いんで気軽に持っていけますし、つけた時も55-300とちがってD5300本体とのバランスが崩れないんでいい感じです。

軽さ、大事です。

他には定番DX35mm単焦点を買いましたが、18-55、55-200の3点セットで持って行くと、
軽いくせにそこそこ画質でいろんなの撮影をカバーできるんですよね。

まぁ55-300は、とにかくできるだけ望遠したいんだ!ってときには出番があるんで無駄ではないかな?

あとニコンの肌の黄色かぶりはときどき話題になりますが、ニコンもそこらは修正したようで、
私の印象としては、ちょうど画像処理エンジンがEXPEED4になったD5300以降は
JPEG撮って出しに関してはいい感じだと思います。
知らずに買ったがぎりぎり滑り込んだぜ。

けれど逆にRAW現像する場合は、純正ソフトのCapture NX-D・Lightroomともに
ピクチャーコントロール(Lightroomはカメラプロファイル情報)の設定が古いままのようで、
そのままだと黄色かぶりします。
これは結構えげつないレベルで黄色かぶってました。

つまり例えば同じピクチャーコントロール・スタンダード設定でも、
JPEG撮って出しとRAW現像では色味が変わってしまうということ。
Lightroomはともかく正直純正ソフトは頑張れよ!アップデートしろよ!!
って思いますがそれは置いておいて。

RAWで微修正をし始めていた頃だったので、これに気づいた時には結構ショックでしたね。
特に人を撮るのが好きな私にとって、RAW現像で人肌の再現性がゲロマズとなると、
他社に行く理由になりうるよな…なんて思ったりして。
最初になんとなくなんて言いましたけど、あれは嘘です。
本当は私ニコン好きなんですよ。ニコ爺なんです。

でもカメラ自体が肌色がよい画を吐き出せているわけですから、
これはあくまで画像処理の、ソフトの問題で、
RAW現像でJPEG撮って出しの画が書き出せないはずがないと思って、粘りました。

結果、私が着地したところはここです。

Lightroomカメラキャリブレーションにて、
グリーン色度座標位置 色相+15~20
ブルー色度座標位置 色相-15~10
で肌の色合いは健康的になる。

厳密にやったらいろいろアラが出そうな方法ですが、
ライトユーザーの私はこれで十分納得できました。
同じように悩んでいるニコンユーザーがいましたらお試しあれ。

さてさてカメラの話ばかりしてしまいました。
そのまま被写体の話とかしようとも思いましたが、
どこまでも記事が続きそうなのでまた今度にしますね。

ではでは。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カメ120 Author:ほぷラテ バナー ついった 東方中心。イラスト描く。マンガ描く。稀に文章も書く。

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

リンク
今までの訪問者
カテゴリ
月別アーカイブ
04  12  08  06  05  01  12  08  07  05  02  01  12  11  10  09  07  05  03  01  11  09  08  05  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  01 
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる